marumegane2010’s diary

自身で経験したあれこれをリビドーの赴くまま書き綴っていきたいとおもいます。

椎間板ヘルニアになったので手術した話。

初ブログとなります。

まるおと申します。初カキコなもんでお見苦しい点もあるかとおもいますがそこはご容赦を。

 

 以前ヘルニアの手術をしたので、備忘録として、また同じような症状に悩んでる方の参考になればと思い書き記します。

 

 

 

ヘルニアになった経緯

時は2018年4月。

雲ひとつない晴天の中、いつも通り某24時間営業のフィットネスジムにて筋トレをしていました。

一通りのトレーニングを終え、ふと思い立ち、いつもはやらないデッドリフトを敢行。

 

本来であれば分厚いベルトを巻いて腰を保護した上で実施すべきなのだが、60kg程度だし問題あるめぇとベルトなしでゴリゴリデッドリフった。

今考えればコレがすべての始まりだった…

 

普段の腰痛とは違う痛み?

まるおはよく腰を痛めるんですが、今まで患ってきた腰痛の全てが一過性のものであり、時間が薬だと言わんばかりに腰痛になっても特段気にしていませんでした。

 

しかし今回はなんか違う。。

どうも腰から尻の中にかけて針が刺さっているような痛みがある。。。

骨…の痛みとは何かが違う…

 なんぞこれ…

しかしまぁ安静にしていれば良くなるでしょ。

といつも通り放置を決め込む。

 

1ヵ月後

全然良くならないどころか尻から足にかけて割と酷い痛み&痺れがでてくる。

 

流石に気になり病院でMRIを取って貰うことに。

 

 

 

結果ヘルニアですよ。

 

腰の間の緩衝材的なのがちょっとはみ出てました。

 

先生曰わく、重度なものでなければ発覚からすぐに手術!とはならないそうで。

 

自然治癒の可能性もあるため

半年ほど様子を見ましょうと言われ、湿布と痛み止めの薬を貰いその日はお終い。

 

 

そこからがつらかった。。

 

 

 

結局は保存治療しかできないため、マッサージ、電気、ブロック注射等でやりすごす。

 

神経根ブロック注射はマジで痛かった…

全然効果なかったし。。

 

 

その間にも症状はどんどん悪化し、ついには足を引きずらないと歩けないレベルに。

 

 

いやこれ半年待つ必要あるん?

即手術じゃね?

と自問自答するも、腰の手術。おいそれと決断できないものです。

だって怖いもの。

 

半年後

発症から半年の間で右足の筋力はだいぶ落ち、運動不足による体重増加は約7キロ!そうデブである。

 

 

そして運命の半年後検診。

 

 

症状変わりませんねぇ。

もう少し様子みます?

 

ときたもんだ。

 

さすがにこれ以上の腰の痛みは耐えられないので手術を希望。

 

 

話を聞けば聞くほど不安になるやつ。

どうも、手術の内容としては飛び出てる椎間板を切除する方法が一般的らしく

切除したとしても痛みが引くかどうかは厳密には分からないらしいんですよ。

 

まぁ90%は成功しますよ。

 

と。

 

お医者さん的に絶対成功すると言えないのはわかる。

 

わかるが残りの10%の恐ろしさたるや。

 

 

とはいえこっちももう我慢の限界なので手術敢行。

 

 

 

 

気胸で手術して以来の入院である。

 

二人部屋。

 

お隣さんの話を聞くにどうもヘルニア再発の方らしい。

 

 

おいマジで部屋割り考えろよ。。

これから手術するってのに延々と先生に何とかならないんですかと縋る患者の話を聞かされる身にもなってみろ…

 

しかもその人術後半年以内の再発らしいじゃんよ…

 

 

くしゃみレベルで再発する人はしちゃうってマジ?

僕これから手術なんですけど…

 

 

手術当日

さて手術当日です。

 

麻酔後秒で落ちる。

 

そして目覚める。

 

この間約二時間程。

どうやら無事に手術は成功したようです。

先生どうもありがとう。

因みに術式はPELDという方法でやってもらいました。

傷は1cm程度。

 

 

麻酔が切れると腰に激痛(物理)。

足の麻痺間は術前とそんなに変わらないなぁなんて思いながら

 

トイレに行くために起きあがると、術後の痛みはあるものの腰から足にかけての痺れが無くなってる!!

いや正確にいうと若干残ってるんだけど劇的に改善してる!

 

これは嬉しい!

 

 

 

翌朝の回診で特に以上はないので荷物まとめて帰ってねと言われる。

 

点滴とか全部外れたからそりゃそうなんだけど、せめて腰の傷もう少し治ってからにして欲しかった…

 

まぁ仕事もあるので帰りましたけどね。

 

そこから徐々に傷も塞がり、腰の可動域もだいぶ増えてきた。

 

 

とはいえ痛み止めは常に飲んでました。

 

 

術後2カ月

術後2ヶ月ほどで日常生活はほぼ問題なく送れるまで回復しました。

靴下を普通に履けることの素晴らしさよ。

 

長座体前屈なんてそもそも基本フォームすら出来なかった状態に比べたら劇的な改善ですよ。

 

普通に体堅いのでつま先持てませんが。

 

しかし若干の腰の芯の辺りが痛む。

 

 

 

術後1年以上

そしてこのブログを書いてる2020年4月現在。

薬を飲むこともなく、割と重い物も運べるようになりました。

日常生活は完全に普段通りです。

 

季節の変わり目や天気が悪いときなんかは若干痛む時もありますが、痺れや麻痺等の症状は皆無です。

 

 

 

変わったことと言えば重いものを持つとき等に腰のフォームを気にするようになりました笑

あ、あと右臀部が凄く凝りやすくなりました。

(発症箇所は腰から右足にかけて。)

 

 

 

腰は体の要。

皆様も腰には十分お気をつけを。